犬を預ける時に気を付けたい事、注意点まとめ

犬を飼い始めるとどうしても用事が出来て、預けなければいけない時がきます。

急に預けないといけない事もあります。

そんな時に慌てないように、事前に預ける時の注意点を知っておくと、犬も飼い主も落ち着いて対応が出来ます。

また、愛犬の注意すべき点を改めて確認し、必要な物を準備し、打ち合わせを行うようにしておきましょう。

子犬を預ける時にしておきたい事

子犬を預ける場合は、普段からの健康チェックをしっかり行っておく事がとても重要です。

子犬はいつもと違う環境で過ごす事で、不安が大きくなり体調不良を起こす場合もあります。

まずは普段の食事の様子や食べるスピード、排泄はいつ頃に1日に何回あるのか?普段の様子など細かくメモを書き出しておくのもいいかもしれません。

もし知り合いに預けるのであれば、普段の様子をメモした物も渡しておくと、違いにも気づきやすいです。

また、ペットショップに預ける場合も、細かく書いたメモがあるととても助かると思います。

ショップスタッフはプロなので、少しでも違った様子が見られたら報告をくれるところが多いです。

ワクチン接種は必ず済ませておきましょう

犬を預ける場合は、ワクチン接種を終えてからにしましょう。

義務である狂犬病ワクチンはもちろんのこと、混合ワクチン接種も終えておくようにします。

またペットショップに預ける場合は、ワクチン接種証明書を持参する必要がありますので、獣医で接種した後、大切に保管しておくようにしましょう。

何かあった時のために、かかりつけの獣医と診察券などの持参もしておくのもいいと思います。

プロキュア

愛犬のためにもホテルの練習はしておくべき

飼い主の都合で急にホテルに預ける事になると、犬にとったら不安でしかならず、その不安からの予期せぬ問題行動が見られる事があります。

不安から一日中吠えたり、いつもはトイレも失敗しないのに、ケージの中でしてしまったりと色々予想外の事が起こりがちです。

その行動を先に知るためにも、何もない日でもホテルの練習をしておく事も愛犬のためになります。

そして、ホテルの後に必ず飼い主さんが迎えに来てくれるという認識を持たせる事で、犬もそこまで不安を抱えずにホテルに泊まる事ができます。

何も無いのに預けるのは可哀そうと思いがちですが、いきなり預ける方がもっと可哀そうです。

プロキュア

愛犬をホテルに預ける時は、安心できるものを一緒に

犬はいつもと環境の違うところで過ごすだけでも大きなストレスと不安を抱えてしまいます。

そんな時に少しでも飼い主の匂いがするものや、いつも寝床にある毛布やタオル自分のお気に入りのおもちゃがあるだけでも安心出来ます。

そのためにも、普段から犬の寝床などにタオルを敷いておき、いざという時に一緒に預けましょう。

他にも、いつも食べているフードや、食器など必要なものは極力いつも使っているものを持参して、少しでも犬を安心させるようにしてあげて下さい。

トイレは部屋で出来るか外でするかはしっかり伝えておく

トイレはいつも部屋の中でする仔なのか、散歩でしかしない仔なのか犬によって違います。

そこもしっかり伝えておきましょう。

また一日に何回するかも大切です。

普段からケージで過ごせる練習をしておこう

プロキュア

いざホテルに預ける必要があると、ケージの中の時間がとても長くなります。

普段は広い部屋の中を自由にし、寝る時も自分の好きな場所で寝ている子がいきなりケージの中でほとんど過ごすという事はとてもストレスです。

普段からケージの中でも平気に暮らせるような練習はしておきましょう。

寝る時はケージの中に入るなど、習慣化するのがいいかと思います。

まとめ

愛犬を預けないといけないという事は少なからずあると思います。

一緒に連れていける場所も増えましたが、連れてはいけない場所もあります。

そんな時に備えて普段から色々な事を準備して、備えておく事が犬にとっても飼い主にとっても預ける側にとっても安心できる事なのです。

何もない日に練習から始めてみましょう。

スポンサードリンク