猫が食べても大丈夫な野菜とは?

愛猫のためにと、たまには手作りのご飯を作ってあげたいと思うのは飼い主さんなら誰でもあるかと思います。

また、猫から食べ物をねだられた時に、与えても大丈夫なのかと不安になる事もあると思います。

そこで今回は、猫が食べても大丈夫な野菜についてお話したいと思います。

野菜も少量であれば問題ありません。

白菜は消化が良い野菜なので、少量であれば与えても大丈夫!

白菜は水分量が多い野菜なので、少量なら猫の胃の負担にもなりません。

しかし与える時はよく茹でて、柔らかくしてから与えると消化にもいいです。

1回に与える量としては、1/4枚程度までにして下さい。

キャベツも茹でたものなら消化にいいので大丈夫!

キャベツも生のままだと硬く消化に悪いので、茹でたものなら水分補給にもなっていいです。

また細かく刻んだほうが猫も食べやすいです。

1回に与える量は、茹でて細かくちぎった状態で、小さじ1杯くらいです。

レタスはマグネシウムが少量で、ほとんど水分なので与えても大丈夫!

贅沢ねこまんま

レタスはほとんどが水分で、マグネシウムなども少量です。

猫は水分量が少ないので、オシッコに関係する病気にかかりやすいです。

欲しがるのであれば、水分補給のためにも与えても大丈夫です。

1回に与える量は、生で1/4枚分くらいを目安にあげて下さい。

にんじんは加熱したものをすり潰して与えると大丈夫!

にんじんは必ず火を通して、すり潰したものを与えるようにして下さい。

加熱する事で、免疫力を高めるベータカロテンを吸収しやすくなります。

生煮えの状態で与えると下痢の原因にもなるので注意して下さい。

1回に与える量は、茹でてすり潰した状態で、小さじ1杯程度です。

とうもろこしは茹でたものなら少量与えても大丈夫!

とうもろこしは粒が小さく食べやすそうですが、皮が固くて消化されにくいため、与えるならしっかり茹でたものを少量までなら大丈夫です。
1回に与える量としては5粒程度を目安にして下さい。

きゅうりはほとんど水分なので問題なし!

贅沢ねこまんま

たまにキュウリを食べている猫を見て大丈夫なの!?と思いますが、きゅうりはほとんど水分なので、問題ありません。

前述したように、猫はオシッコに関係する病気にかかりやすいので、水分補給変わりに与えても大丈夫です。

1回に与える量は、千切りで15g程度なら大丈夫です。

ゴーヤは茹でていれば大丈夫!

キュウリ同様に、ゴーヤも青臭いので、好む猫が多いです。

しかしゴーヤは生で食べると消化されにくいので、茹でてあげて下さい。

1回に与える量は、小さじ1強程度です。

トマトも成分的に問題なし!

トマトはミニトマトでも大玉トマトでも成分には違いがないので問題ないです。

ただ丸のみしないように、カットして与えるようにして下さい。

1回に与える量は、ミニトマトで1個程度です。

かぼちゃは実の部分は与えて大丈夫!

かぼちゃの実は甘みがあり、好む猫が多いです。

成分的にも問題ないので、茹でて皮と種を取り除いて与えれば問題ないです。

ただしカロリーが高めなので、与えすぎには気をつけて下さい。

1回に与える量は、大さじ1程度です。

ピーマンは茹でてあげると大丈夫!

贅沢ねこまんま

ピーマンも与えても大丈夫な野菜です。

しかし皮が硬く生で与えると消化に悪いので、しっかり茹でてから与えましょう。

1回に与える量は、5mm角程度に刻んで小さじ1程度までにしましょう。

ブロッコリーは食べやすい大きさに刻んで与えても大丈夫!

ブロッコリーは茹でたままの状態で細かく刻んで与えて下さい。

ただし、マヨネーズなど味付けはしないようにして下さい。

1回に与える量は、細かく刻んで小さじ1杯くらいまでなら大丈夫です。

まとめ

今回取り上げた野菜は与えても少量であれば問題ない野菜です。

しかし与えすぎは胃にも負担がかかり、下痢を起こす原因にもなるので、適量を守るようにして下さい。

またどんな食べ物でもアレルギー症状を起こす可能性はあるので、何か異変があった時は直ぐに獣医さんへ相談しましょう。

スポンサードリンク