「プードル」はもともと狩猟犬!?好奇心旺盛で活発の上、頭が良い!

 

プードルは過去7年連続人気犬種に上げられています。

色々なカットが楽しめて、しつけもしやすく、毛が抜けず、初めて飼う方や若者に人気になったのがきっかけです。

体の特徴

トイプードルは体高30㎝程度で小型犬種に部類されます。

カールした毛並みと愛らしい姿は「動くぬいぐるみのよう」と若者の女性の間で人気を呼んでいるようです。

また何と言ってもほとんど毛が抜けないのが最大の特徴であり人気でもあります。

歴史

愛らしい姿をしているプードルですが、もともとのサイズはスタンダードで、水辺の猟を得意とし狩猟犬として、ヨーロッパ各地で飼育されていたそうです。

人間と一緒に水辺の狩りに出かけては、撃ち落とされた水鳥を拾って持ち帰る役割を果たしていました。

16世紀頃、フランスの上流階級で愛玩犬として愛されるようになり注目されるようになりました。

その結果、小型化もされ「ミニチュアプードル」が誕生しました。

18世紀のルイ16世の時代には更に小型化され「トイプードル」が誕生したとされています。

独特のカットスタイルについて

プードル独特のカットは今やバリエーション豊富ですが、もともとのボンボンスタイルは、狩猟犬として水辺で仕事をするために施された意味のあるカットスタイルだったのです。

水に入るとき邪魔になる毛を刈り取り、冷たい水から心臓や関節部分を守るためにわざと一部だけ毛を残していたのです。
毎日散歩

日頃のケアについて

毛が絡んで密集しているので、皮膚病にならないように日頃のブラッシングは欠かせません。

また目の周りも涙で汚れると茶色く涙やけするのでこまめに拭き取る事も大切です。

プードルの性格について

プードルは狩猟犬の時から飼い主に対しての服従心が他の犬に比べて強く、しつけもとてもしやすいと言われています。

また、とても好奇心旺盛で水辺で拾ってきた鳥で一通り遊んでから飼い主に渡すという事もしばしばあったようです。

とにかく遊び好きなので、飼い主さんが相手にしないと「構って!」という行動も自分でする子がいます。

とても賢く、年齢を重ねると穏やかになり、とても飼いやすいです。

スポンサードリンク