犬の目から感情を読み取るコツを知る

犬の目をじっと見つめようとすると犬は慌てて目をそらします。

それは恥ずかしいわけでもなく、犬は本来目を見つめ合わせるという事は、ケンカの前の威嚇する際に行う行為だからです。

目を合わせない様にして、極力無断戦いを避けたい気持ちから目をすぐにそむける傾向にあるのです。

犬からすれば飼い主に見つめられるととても緊張します。

じっと見つめるのはやめましょう。

スポンサードリンク

うれしい時の目の動き

しつけが行き届いていると、おやつやご飯を飼い主が持ってくると、興奮している様子をよくみると思いますが、目線はおやつやご飯を見たり見なかったりを繰り返すような行動が見られます。

これは視線をそらすことで、自分自身の興奮を抑えているのです。

目線をそらせない時は注意が必要

まばたきもせずに、じっと見つめてきたら要注意です。

犬と犬が出会ったとき、まずお互いに相手の事を探ろうとじっと見つめ合います。

そのうえで威嚇するのか、それとも視線をそらして服従するのか判断するのです。

いつまでも視線をそらさないのは強きになって今にも攻撃が始まる状態です。

相手が人間であっても同じです。

通りがかりに見つけた犬が可愛いからと不用意に近づく事は非常に危険です。

じっと見つめてきても、しきりに瞬きをする子がいます。

これは視線をそらすのと同じで、なんとか視線をそらそうとしている行為なのです。

もし飼い主に対してじっと見つめるような事があればしつけに問題があります。

しっかりしつけ直す必要があります。

自分が飼い主よりも立場が上と思っている非常によくない状態です。
マルチバランスドッグフード

犬の感情を読み取るには?

犬の目から感情が読み取るには、瞳孔の大きさや白目部分の色がヒントになります。

人間もそうなのですが、目には心の動きが現れます。

興奮すると瞳孔が大きくなる特長があります。

興奮して体内のアドレナリンが血中に増すと、心拍数や血圧が上がり瞳孔が開くのです。

このように普段より犬の瞳が大きく、白目部分が赤く血走ってるときは興奮している証拠です。

下手に手を出してしまうと飼い主であろうと噛まれる可能性もあるので注意しましょう。

おだやかな表情で飼い主を見つめてくる

睨みつけるような表情ではなく、穏やかな表情で飼い主を見つめてくる場合があります。

それは飼い主に何かを訴えているのかもしれません。

それを一生懸命伝えようと犬は食器を加えたり、リードを加えたり、おもちゃを加えたりしていないでしょうか?

お腹空いたよ。散歩に行きたいな。遊んで。と言っています。

そんな時は穏やかな表情でウルウルとした目で見つめてくるのでしっかりと答えてあげましょう。

犬も何かを伝えようとしてご主人様の目をじっと見て訴えることがあるので、そのサインの違いに気づいてあげて下さい。

ペット保険一括見積もり