飼い主さんに心得て頂きたい犬の十戒

仔犬との新しい生活が始まります。

新しい生活を始めるにあたって、この十戒はわんちゃんの事を更に理解するためにとても大切な事です。

犬の十戒は、英文の詩で世界に広く伝わっており、作者は不明です。

人間と犬の関係を望ましいものにして欲しいという思いから、ペットとして飼われる犬が飼い主に語りかけるよう様に書かれています。

これを読むとどこか心がとても痛く、悲しく、複雑な思いに駆られます。

しかし犬は喋べる事が出来ません。その分飼い主が理解をする必要があります。

その第一歩として「犬の十戒」はしっかり心に刻んで欲しい言葉なのです。

犬の十戒

その1

私の寿命は10年、長ければ15年以上です。

何があっても最後まで、あなたのそばにおいてのらえますか。

私を飼う前に、どうかその事をよく考えて下さい。

その2

あなたが私に望んでいる事を、ちゃんと分かる様になるまで少し時間を下さい。

その3

私を信頼して下さい・・・・

それが何よりうれしいのです。

その4

私の事をずっと叱り続けたり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。

あなたには仕事の楽しみもあるし、友達もいるけれど、

私には・・・あなたしかいないのです。

その5

時には私に話掛けて下さい。

たとえ、あなたの話す言葉は分からなくても、あなたの声を聞けば、私に何を言ってくれているのか

分かるのです。

その6

私のことをいつもどんな風に扱っているか、考えてみて下さい。

あなたがしてくれたことを、私は決して忘れません。

その7

私を叩く前に思い出して下さい。

私には、あなたの手の骨など簡単にかみ砕ける歯があるけれど、決してあなたを噛まない様にしているという事を。

その8

言う事をきかないとか、手におえないとか、怠け者だと叱る前に、

そうさせてしまった原因が無かったか、思い起こして下さい。

ちゃんとした食事をさせてもらっていたでしょうか。

太陽が照りついている中に、長い間放っておかれた事は無かったでしょうか

老いた私の心臓が弱っているせいで、動けないのかもしれません。

その9

私が年老いても、どうか世話をして下さい。

私たちはお互いに、同じように歳をとるのです。

その10

最後のお別れの時には、どうか私のそばにいて下さい。

「つらくて見ていられない」とか「立ち会いたくない」とかそんなこと言わないでほしい。

あなたがそばにいてくれるなら、私はどんなことも安らかに受け入れます。

そして、どうか忘れないで下さい。

私がいつまでもあなたを愛していることを。

スポンサードリンク

犬心