仔猫のトイレとトレーニングについて

猫ちゃんのトイレトレーニングは、わんちゃんに比べてとても簡単です。

猫には排泄の習性があります。きちんと決まった場所と環境を提供していれば、そこでする様になります。

トイレについて

トイレは、猫砂を入れれる深さは必要です。

猫の排泄後の習性として、排泄物を隠す事をします。それが行える十分な広さがあるか。

猫砂を激しく蹴る仔は、ドーム型のトイレが良いかもしれません。

ドーム型が少し狭そうであれば、ハーフドーム型も販売されています。

猫は大きいトイレを好むと言われているので、部屋の間取り上問題ないのであればなるべく大きなトイレを用意してあげて下さい。猫ちゃんは喜んでトイレに行く様になります。

仔猫の時期は、ケージに入るくらいの大きさの箱で十分かと思います。

そのうち猫の癖などを見て、ショップでトイレを購入してもいいかもしれません。

スポンサードリンク

トイレの場所について

トイレの場所はとても重要です。

場所によっては、そこではせずに隠れて違うところでする様になります。

猫はトイレを見られるのを嫌います。

なるべくみんなの目に触れない場所で、風通しの良い場所を好みます。

猫ちゃんの様子を見て、良い場所を決めましょう。

一度決まったら、その家を引っ越さない限りトイレの位置は変えない方がいいです。

猫砂について

猫砂はたくさんの種類が出て、どれを買えばいいのか迷ってしまうと思います。

一番は、飼い主さんの面倒を考えた猫砂が良いかと思います。

猫砂にも可燃性の物を不燃性の物があるので、ゴミの分別が面倒です。

次に考えたいのが、猫ちゃんの事です。猫ちゃんは香りの付いた物を嫌がります。無臭の物を用意してあげて下さい。

材質も色々ありますが、猫は細かい粒子でおしっこで固まるタイプを好むそうですが、これはすべての猫ちゃんに当てはまる訳ではないので、猫ちゃんに合わせて砂を選んであげて下さい。

少しお金はかかるかもしれないですが、カフェテリア方式という方法があります。色々な種類の砂を買い、部屋に2.3個のトイレを用意して、猫ちゃんがよく行くトイレの砂を確認して決めて行くという方法です。

トレーニングについて

冒頭でもお伝えしましたが、トレーニングは難しくありません。

もちろん、トイレを設置するだけで勝手に覚える仔がほとんどですが、環境が変わると分からなくなる仔もいます。

朝おきたらまずトイレまで連れて行ってあげて下さい。そして、食後に連れて行き、その後2~3時間おきにトイレに連れて行ってあげて下さい。最後に寝る前にも連れて行ってあげて下さい。

この1日だけで覚える仔もいます。それでも、ケージの中などでしてしまう場合は、同じ様に繰り替えしてあげて下さい。すぐに学習すると思います。

それでも覚えない場合、トイレの場所を今一度考えてあげて下さい。猫ちゃんにとってしずらい環境かどうか考えてみて下さい。

また、おしっこやうんちをしたら直ぐに取り変えてあげましょう。ねこちゃんはとても綺麗好きです。

 

いつも清潔で綺麗な場所にトイレをしたい動物です。不潔であると、違う場所にしてしまったり、おしっこなどを我慢して膀胱炎になる仔もいるそうなので、トイレはいつでも出来るようにしてあげましょう。

カンファペット
贅沢ねこまんま