猫が近くにいないと眠れない飼い主さんが続出!!?そこには科化学的根拠がある!

愛猫家の中には「猫を触りながらでないと眠れない」なんて人が最近増えているようです。

猫を感じながら眠るというのは飼い主さんにとって至福の時間です。

そして猫が居ないと眠れなくなるとう科学的根拠まで実証されているそうです。

今回は、外泊などで家を離れても、猫を感じる方法を紹介したいと思います。

猫が感じながらでないと眠れない人の心理と科学的根拠について

猫の体の一部に触れていたい

猫の体の一部が飼い主さんの体の一部に触れているだけでお互いに幸せになり、リラックス状態になり、安心して眠れるということはよくあると思います。

また、触れていなくても布団に愛猫の重みがあるだけでも安心できるという事も。

実際に猫を触っているときは、人間は心拍数や血圧が下がるという事が実証されています。

心拍や血圧が下がると睡眠に入りやすくなるので、医学的にも猫を触る事は安眠効果があると報告されているそうです。

猫のゴロゴロ音が好き

猫がゴロゴロと喉で音を鳴らしているのを聞いた事があると思います。

このゴロゴロも最高の子守歌とも言われるくらい人間にとっておおきなリラックス効果があるそうです。

また赤ちゃんがいる家庭でも、近くに猫が居るといつの間にか一緒に眠っているなんて様子をよく見かけると思います。

これは赤ちゃんにとっても良い音なのです。

猫がリラックスしているときに「ゴロゴロ音」を出すのですが、この音を聞くと飼い主さんも癒されるという経験はないでしょうか?

猫のゴロゴロ音を聞く事で、人は唾液中のストレスホルモンが減少したり、血圧が下がるというリラックス効果が実証されています。

猫のゴロゴロ音は、不安を和らげ、幸福を与えてくれる周波数であるという報告もあります。

また猫のゴロゴロ音の低周波は、骨折の治癒が早まるともデータが出ており、実際にスポーツ選手が骨折した時にこのメカニズムを使った超音波治療を取り入れ、骨折を早期に治したとも報告されています。

実際に猫自身が何か体調の不良を感じた時もこのゴロゴロ音を自分で出して自己治癒をしているとも言われています。

外泊で愛猫を感じられないとき持っておくといいアイテム

仕事や旅行で外泊は付き物です。

しかし、毎日一緒に寝ている愛猫が側に居ないだけで眠れなかったり、不安になったりする飼い主さんも多くいるはずです。

そんな時に、一緒に持っていくと良いアイテムを紹介します。

ビロード調の布

ビロードは猫の毛の感触に似ているので、持ち歩ておくと安心できる効果があります。

またタオルやブランケットもあるので、睡眠時に一緒に寝るとリラックスして眠ることができます。

ビーズクッション

愛猫さんの中ではビーズクッションを外泊に持っていくのは当たり前と言われているそうです。

柔らかい感触が猫に似ているそうです。

猫のゴロゴロ音アプリ

医学的、科学的根拠まで実証されいるので、このゴロゴロ音はアプリにまでなっています。

愛猫さんたちの中では持っていない人はいないとか。

外泊時にこの音を鳴らしながら眠るだけでも安心して寝る事ができると思います。

愛猫の抜け毛で作ったフェルトアイテム

最近愛猫の抜け毛で作ったフェルトアートがSNSで話題を呼んでいますね。

愛猫の抜け毛を集めて、ストラップやキーホルダーを作って持ち歩いているだけで安心できる飼い主さんも多いはずです。

眠るときはこのフェルトを握りながら寝るとリラックスできそうです。

まとめ

猫は人をリラックスさせる力を持っているという事がとても分かりました。

猫が居ないと眠れないなんて人がいるのも科学的にはおかしい事ではなかったのですね。

猫が居なくても、愛猫を感じられるようなアイテムを持ち歩いき、安心して出かけましょう!