猫の手作りご飯はいいの?知っておくべき猫ご飯の常識

人間と猫では必要な栄養素のバランスが違います。また消化機能も違います。

人間の食べ物を猫が食べると消化不良や中毒などを引き起こす食品もあるため、人間が食べているものは基本与えてはいけません。

少しでも人間の食べている物の味を覚えてしまうとキャットフードを食べなくなります。

そうならなように仔猫の頃から総合栄養食のキャットフードを与えるようにしましょう。

猫に食べさせてはいけない食材を理解しておこう

①食べさせると中毒を起こすもの

●ネギ類(玉ねぎ、ねぎ、にらなど)

赤血球を壊す成分が含まれるため、貧血や血尿など引き起こす事があります。

またハンバーグなど玉ねぎが入っている加工食品も同様です。

●チョコレートなどのカカオ類

下痢、嘔吐、異常な興奮や痙攣などを引き起こす事があります。

コーヒーなどに含まれるカフェインも同様です。

●毒性の植物

これは種類を知っておく必要があります。

つつじ、すずらん、とりかぶと、ひいらぎ、ジャスミン、ブルーベル、あさがお、ふじ、イヌサフランなどです。

部屋の中に何気に置いている観葉植物の中にも毒性の物があります。

購入前に調べてから部屋に置くようにしましょう。
贅沢ねこまんま

②食べると下痢などの原因になるもの

えび、かに、いか、たこ、貝類、青背魚、人間用の牛乳、きのこ類、こんにゃく、アボカド、生卵、生肉などです。

消化不良を起こしやすいので与えないで下さい。また生肉には最近や寄生虫がいる可能性もあるので、危険です。

③与えると体に良くない物

●人間用に味付けされている食べ物全て

味が濃く、猫には塩分が多すぎる。

●糖分が多いもの

ケーキや菓子類。

●塩分が多いもの

ハム、ソーセージ、菓子など。

ハムの塩分濃度はキャットフードの何倍も含まれており、与え続けると内臓に負担がかかり病気になりやすくなります。

●牛肉、牛レバー

特に脂分の多い食品は肥満のもとになります。
モグニャンキャットフード

猫に手作りごはんは与えてもいいのか?

猫はもともと肉食ですが、人間の食べている物が気に入れば食べ続けます。

以前は残飯に鰹節をかけてあげている家庭もあったようです。

しかし鰹節も猫にとっては有害なものである事は以前のブログでお話をしました。

⇒「猫に鰹節や煮干しはダメって本当?その理由は・・・?」

このように人間の食事は、猫にとっては塩分、糖分、油分が多すぎるため栄養的に問題があります。

また愛猫に安全でおいしい食事を作ってあげたいと手作りご飯をあげる方もいるかと思います。

しかし、専門的な知識がないと栄養のバランスが偏り、逆効果になる事があります。

手作りご飯だけでは、バランスの取れた栄養を摂取する事はかなり難しいです。

そうならないためにも、総合栄養食のキャットフードを併用させて一緒に与える事が重要です。

手作りご飯が悪いわけではありません。たまに食べさせる程度であれば問題ありません。

しかし手作りするときは、食材は加熱し、味付けはしないようにする事がポイントです。

贅沢ねこまんま

猫におやつはあげても大丈夫?

猫は本来おやつは必要ありません。

しかし、たまの楽しみ程度に与えるのであれば問題ないです。

与えるのは必ず猫用のおやつとして市販されている物のみにして下さい。

また与えすぎも肥満の原因になったり、猫も当たり前になってしまいます。

飼い主とのコミュニケーションを深めるときや、猫が嫌がる爪切りや獣医へ行った後など特別な機会に与えるのがいいでしょう。

スポンサードリンク