仔猫が我が家にやってくる前に準備しておく事

何度も考えて、家族とも相談してやっと決めた新しい家族が我が家にやってきます。

とても嬉しい気持ちと心配な気持ちが入り混じったそんな気持ちの中ですが、事前に準備しておける事はしておきましょう。

当日になってバタバタしてしまうと仔猫にはとても負担が掛かり体調を崩す原因にもなります。

子猫にとって居心地の良い環境を作りをし、リラックスして過ごせるように、お迎えの準備をしましょう。

事前に揃えておくべきもの

これから猫ちゃんを飼う上で必要な物は揃えておきましょう。

不安な場合はペットショップなどに相談して下さい。

・食器、水飲み様食器

・ウォーターボトル

・消毒液(仔猫の時期は菌に注意しないといけません)
カンファペット

・ケージ

・キャットタワー

・爪とぎ(2.3個あると便利)

・ベット

・トイレ

・猫砂

・トイレシーツ

・新聞

・ブラッシング用のブラシ

・おもちゃ

・当日入れて帰るためのキャリーバッグ

スポンサードリンク

当日の準備でいいもの

・フード

・ミルク

・缶詰

・サプリメント

毎日爽快
・首輪(必要な場合のみ)

フードは離乳食から与えている同じフードを与える必要があります。

そのまま同じフードを与えるように、フードについて(銘柄など)はしっかり聞いておきましょう。

また、離乳食時期は缶詰やミルクで更なる栄養補給をしています。

成猫になるまでは、しっかり栄養の取れるものを与える必要があります。

サプリメントは乳酸菌の入ったものです。動物は自分で乳酸菌を作れないので、サプリメントで補う必要があります。

サプリメントをしっかり飲んでいる仔は、便の調子も良く、風邪や病気になる確率が低くなると言われています。このサプリメントは成猫になっても続ける事をお勧めしています。

上記の当日で良い物に関しては、既に仔猫に与えている物なので、同じものを購入して帰る必要があります。

首輪やリードは、必要になってからでも遅くないです。

もちろん早いうちから首輪に慣らしておきたいなど理由がある場合は、柔らかい素材の首輪を付ける事もあります。

おもちゃですが、本人が気に入っているおもちゃがある場合があります。

これは毎日接している定員さんに聞いてみて下さい。お気に入りの物が一つでもあると新しい環境になっても比較的安心できる事があります。

ケージの設置について

ケージは日当たりが程よくあり、風通しの良い場所に設置が好ましいです。

人の出入りが少ない壁面に沿って設置し、エアコンが直接当たる位置は避けて下さい。

また仔猫の間は、食事や排せつ、睡眠すべてケージの中で行います。

人の目は行き届く位置に設置するようにしましょう。

フローリングについて

フローリングはツルツル滑って猫の足や腰に大きな負担がかかります。

滑らない素材のマットを敷いて準備しておきましょう。

隠れ場所を用意しておく

猫はとにかく穴があると入りたくなる生き物です。

そしてそこが落ち着く場所でもあります。

仔猫の時期からその習性はあります。子猫が入れる大きさの空き箱(ミカン箱や荷物が送られて来た後の物で十分です)などを用意して、家の数か所に置いておくと猫ちゃんも安心出来ます。

箱の大きさは猫ちゃんの成長に合わせて大きくしてあげて下さい。

こんな風に隠れているつもりで全然隠れていな状況になり戸惑います。

これをしておくことで、思いもよらぬ場所への侵入が防止できます。

安全面について

仔猫は好奇心旺盛です。

口に入れて危険なもの(タバコや小さな小物類など)は、仔猫が届かない位置に移動させましょう。

またなめたりしていいものであってもしっかり消毒して清潔にしておきましょう。

また、幼少期は歯が生え変わる時期で常に何かを噛みたい時期です。

コードや椅子の足をガリガリとされない様にカバーを取り付けておきましょう。

その時期は、なるべくガムを与えてストレスを解消させてあげて下さい。

窓や網戸が簡単に開かないような工夫をしておきましょう。防犯用の窓ロックを使われている方が多いみたいです。

猫はとても身軽なので、どこでも飛び乗ります。

キッチンに包丁やはさみが出しっぱなしになっていないか、食器棚やタンスの上はどうなっているのか今一度確認と整理をして安全面を整えておきましょう。

事前に壁に沿って猫用の上り台を天井に向かって取り付ける家庭もあるようです。

カスタマイズが難しい賃貸などの家は高めのキャットタワーを部屋に置いてあげると猫はとても喜び、他のいたずら防止にもなります。
マルチバランスドッグフード