先住猫がいる時の新入り猫との慣らし方

今まで猫を飼っていたが、この子のために新しい仲間を加えてあげよう、新しく家族を増やしたいとは誰でも思うかもしれません。

しかしその前に先住猫についてしっかり理解しておく必要があります。

だいぶん成猫になっている場合、猫の性格によっては新入りは邪魔でしかない場合もあり逆にストレスの原因になり兼ねません。

まずは先住猫をしっかり分かってあげ、他の猫や動物との接触も問題のない性格であるかをしっかり見極めてあげる必要があります。

先住猫と新入り猫を慣れさせる方法

1.新入り猫はケージに入れて別の部屋で過ごさせる

先住猫と新入り猫をいきなり対面させるとケンカの原因になります。

最初の3日は新入り猫は、別の部屋で過ごさせて、匂いや雰囲気だけで感じられるようにします。

2.ケージ越しの対面から始める

いきなり対面させてはケンカの危険があるので、まず新入り猫をケージに入れて対面させます。

先住猫が新入り猫に少し慣れて自ら近寄っていくのを見守ります。

その前にお互いの匂いのついたタオルや毛布を交換させておくと、スムーズな事もあります。

スポンサードリンク

3.飼い主が2匹を引き合わせる

飼い主が新入りの猫を抱いて、先住猫に合わせる。

この時無理に近寄せるのではなく、先住猫が寄ってくるのを待ちます。

この時どちらかが怒ったり威嚇するようならすぐにやめて、新入り猫はケージに入れます。

また別の機会にトライをして、徐々に慣らして行きましょう。

ワクチン接種がまだの子猫の場合は、接種から2週間は合わせない様にしましょう。

4.生活は先住猫を優先におこなう

新入り猫が来るとつい色々と構いたくなりますが、優先すべきは先住猫である事を忘れないで下さい。

食事も抱っこも何でも先住猫が先です。

これが原因で先住猫がストレスを抱えてしまう事があります。

相性がいい組み合わせを知っておく

いちばん慣れやすいのは子猫同士です。

また、先住猫が成猫、新入り猫が仔猫という場合も比較的早く慣れます。

性別だと、先住猫がオスで、新入り猫がメスの場合または、メス同士だと縄張り争いも起きにくいです。

逆に成猫のオス同士はよほど相性が良くない限りケンカばかりしている可能性があるのでお勧めは出来ないです。

贅沢ねこまんま