猫の外見の特徴を知ろう

猫の体は獲物を狩るための仕様

ネコ科である猫は、昔は狩りをして獲物を捕らえて生きていました。

現在でもその性質や能力が備わっているので、動くものを見ると素早く手を出したり、飛びつこうとします。

身体能力が優れており、高い所へも身軽に飛び乗れ、落下しても体をうまく返して着地できます。

目は視野が広く、暗い場所でも見る能力が高く、薄暗い中でも獲物を獲っていました。

また耳も人間の何十倍も良く、わずかな物音で、獲物の位置を把握できます。

猫の顔まわりの特徴

耳の聴覚は鋭く、特に高音を聞き取る能力が優れています。

耳の筋肉が発達しており、音のする方へすばやく耳を動かす事ができます。

ヒゲは正確には「触毛」といい、多くの神経が集中しており、体幹のバランスを取っていると言われています。

目は、光の量を瞳孔で調節し、視野は人間よりもずっと広いです。

暗視能力も高く、薄暗いところでもよく見えます。

鼻はにおいを感じ取る能力が優れており、人間の数万倍と言われます。

また温度を感じるできます。

口は、鼻と同様に、においを感知する事ができ、舌はザラザラしていて、毛づくろいに役立ちます。

また歯は 乳歯の時から鋭く尖っているので甘噛みも痛いです。

しかし、この鋭く尖った歯は小さい頃から肉食に向いているのです。

猫の体の特徴

体幹はしなやかで背骨が弓形に大きく反るり、高い所から落ちたときに体をひねり足から落ちる体勢になれる。

前足は、動くものを見ると素早くキャッチできます。

好奇心をそそるものを見ると触ってみずにはいられない性格です。

後ろ足は、筋肉が発達しているため、ジャンプ力に優れています。

短距離に適した狩り仕様になっています。

しっぽは、先端まで骨と神経があり、ジャンプや着地時に体のバランスを取る機能も備わっています。

スポンサードリンク