猫種別の性格や特徴、人気ランキングを理解しよう

猫ちゃんを飼う前に、猫種別の性格や特徴を理解しておく事も大切な事です。

猫種が決まっているのであれば、その猫種については事前に理解しておくととても飼いやすいです。

はじめに

 

猫種によって性格・特徴はさまざまです。

ライフスタイル、家族構成、生活環境に合わせて犬を選ぶことで、猫も、飼い主も、共に楽しく生活することができます。

逆に、猫の性格や特徴をまったく無視して見た目だけで選んでしまうと、猫にとっても飼い主にとっても、つらい思いをすることになってしまうかもしれません。

猫を選ぶときには、ライフスタイルや生活環境、家族構成などに合わせて選ぶ事をお勧めします。

猫の種類は100以上あるといわれます。今回は、純血種の猫の当店人気ランキングトップ20をご紹介したいと思います。

純血種を飼うメリットは、その特徴や性格など、成長後の様子がほぼ予測がつくことです。

長ければ20年以上一緒にいる家族のような猫たち。ライフスタイルに合った猫ちゃんを選ぶことがお互いに良い関係を作る上でも大切な事です。

スポンサードリンク

第1位 スコティッシュフォールド

スコットランドで突然変異によって生まれた、垂れ耳の猫です。このたれ耳が可愛いスコティッシュフォールドですが、1回の出産で、垂れ耳で生まれてくる子猫は3分の1の確率と言われており、中でも完全な垂れ耳は希少猫とされています。

性格は穏和で愛情深く、人なつっこいところが特徴的です。

第2位 アメリカンショートヘア

性格は穏やかで、人にもよくなつき、素直で賢いのでしつけやすいと、初心者にも人気の猫種です。

弱いものに優しく、犬などとも仲良くできるため他のペットと一緒に飼うこともできる猫です。

赤ちゃんがご家庭にいる場合でも、問題なく飼い続けられることが多いです。

第3位 ブリティッシュショートヘア

発祥は約2000年前までさかのぼるといわれる、古くからの猫種です。

神経質なところがあまりなく、おっとりとしていて、人によくなつくとても甘えん坊です。

新しい環境にもすぐに慣れる性格です。

第4位 ロシアンブルー

飼い主によくなつき、深い愛情を示しますが、臆病なところがあるので、知らない人には怯えるかもしれません。

ボイスレスキャットとも呼ばれていて、鳴き声を殆ど発しません。

第5位 ラグドール

抱っこを嫌わない猫で、まるでラグドール(ぬいぐるみ)のようであることからこの名前がつきました。

猫種の中では最も大型の猫で、体重が10kgほどにもなります。堂々とした様子で、恐いもの知らずなところがあります。

 第6位 マンチカン

猫のダックスフントともいわれ、四肢が短いのが特徴の猫種です。

モデルさんが歩くように、短い足をクロスさせながら歩く姿がとても可愛く、愛くるしいです。

性格は陽気で好奇心が強く、飼い主にはよく甘えてきます。

第7位 シャム

名前の通りシャム(タイ)が原産の猫です。四肢、頭、耳、尾の先端部分に濃い色が現れるのが特徴です。

よく鳴いて活発ですが、最近ではおとなしい性格のシャムもいるそうです。

第8位 ペルシャ

丸くて大きな目と、少しつぶれた様な鼻、横から見ると平らな顔立ちで、豊かなダブルコートからなる被毛が特徴です。

ペルシャ猫の性格は、穏やかで温和です。

のんびりでマイペースですが、愛情深い性格から飼い主やその家族とも良好な関係を築く事ができます。http://osharehouse.com/wp-admin/options-general.php?page=TypePad-emoji-button-options

第9位 ソマリ

細身の体でしなやかで美しいのが特徴のソマリは、長毛種にしては機敏に動くことが特徴です。

美しい毛色も特徴で、「レッド」「ルディ」「ブルー」「フォーン」の4種類があり、光の加減で色味が違って見えます。

神経質な一面もありますが、性格は人懐っこく、スキンシップをとても好みます。

第10位 エキゾチックショートヘア

エキゾチックショートヘアは、全身がどっしりとしており、足は短く筋肉質です。

目は少し離れ気味についており、鼻はつぶれたように上を向いています。

短毛種の特徴である強い好奇心と茶目っ気と、賢さを合わせもっている特徴です。

毛の長さはペルシャ猫によく似ており、短毛種とはいえ、毛の長さはやや長く、ぬいぐるみのような触り心地です。

第11位 メインクーン

体つきのガッシリしたメインクーンは、成猫になるとおどろくほど大きく育ちます。

過酷な自然に鍛えられたがっしりとした体型と豊富な被毛です。オーバーコートはシルキーで防水効果があり、胸元にはライオンのたてがみに似た長い毛があります。
大きなオス猫では体重が10キロを超えることもありますが、通常の猫に比べて体の完成が遅く、成猫になるまでには2年ほどかかるとも言われています。

性格は温和で優しく、人なつきがよいです。

第12位 ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャットは、古くから寒さの厳しいノルウェーの森で育ったため、豊かな毛並みが最大の特徴です。どの猫ちゃんにも言えますが、抜け毛が特に目立ちます。

運動能力が高く、大きな体は骨太で筋肉が発達しており、狩りに向いた猫種です。

顔が逆三角形である事が特徴です。

性格は、至って温厚で、人間とのスキンシップを好みます。

第13位 アビシニアン

美しく輝く被毛、丸みを帯びた頭の形、大きく先端の尖った耳が特徴です。

その魅力的な体つきや立ち振舞いや毛色から最近人気を高めています。

見た目とは裏腹に、大らかで、人懐っこい性格としています。鈴を転がすようなとても美しく繊細な鳴き声で様々な表現を見せてくれると言われています。

第14位 シンガプーラ

世界最小の猫種で、メスは成長しても2kgほどにしかならないと言われています。

警戒心より好奇心が旺盛で、すばしっこくよく動き活発です。

鳴き声はとても小さく、あまり鳴かないのでとても静かです。

第15位 オシキャット

野性的な外見が魅力的な猫種です。

賢い猫でしつけもしやすく、猫には困難なトレーニングが可能と言われています。

他の動物とも生活できるので、先住動物がいる家庭でも迎えやすいです。

シンプリー2